1 2 3 4 5 .. 次のページ »

外でネットする方法まとめ

soto.jpg



ipadなどのタブレットや、パソコンを外出先でネットにつなげる方法
としてはいくつかあります。

1.無料の公衆無線wifi
2.モバイル回線を契約
3.スマホのテザリング機能を使う

ざっくりまとめる下記の表になります。

1.無料の公衆無線wifi 2.モバイル回線を契約 3.スマホのテザリング機能
費用 0円 3000円〜4000円くらい 0円
速度 1Mbps以下が多い 数Mbps〜数十Mbps 数Mbps
セキュリティ 弱い 強い 中程度
月の通信量上限 なし 上限ありとなしの回線がある 7GB
デメリット ・遅い、安全性に劣る
・無料wifiが設置されているところしかネットできない。
・通信量の上限を超えると遅くなる回線がある。
・費用がかかる
・通信量の上限を超えると遅くなる。
・スマホの電池がすぐになくなる。
・動画や画像があるサイトをよく見るとすぐに7GBの上限に達し、速度が遅くなる。
メリット 無料 ・家の固定回線にも使えるので
今の回線を解約すれば月額4千円以下で家でも外でもネットできる。
・スマホもwifi接続できるのでパケット代金を節約できる。
スマホのパケ放題の料金だけでネットできる。
向く人 限られた場所でちょこっとネットサーフィンしたい人。
(PWを入れるサイトは安全のためやらないほうがよい)
速く快適にネットを使いたい人。
家の固定回線を安くしたい人。
・遅くてもよいのでネットサーフィンを少しだけしたい人。
この状況の人はこれでネット ⇒ネット検索したい
【結論】
メールチェックはパスワードを入れるので、セキュリティが弱い無料wifiでの利用は危険です。
ネット検索している内容もハッキングされる危険性があるので、最小限に留めるのがよいです。
⇒ゲームをしたい
⇒仕事をしたい
⇒就職活動で利用
⇒入院することになった
⇒ネット検索、メールチェック
⇒動画を見る
【結論】
家と同じようにスムーズにネットしたいならモバイル回線を契約しましょう。
家でも外でも使えるので、家にはネット回線を引く必要はありませんから、結果安くネットできます。
⇒旅行先でちょっと使う
⇒帰省した時にちょっと使う
【結論】
都市部ではLTEエリアはごく限られています。LTEじゃないところは結構遅くてイライラします。
短時間の利用に限定される場合はテザリングでよいでしょう。




1.無料の公衆無線wifi
→無料ならこれでいいのでは?
という考えもありますが、いくつか注意が必要です。

ソフトバンクのwifiスポットや、無料のフリースポットなどが多数あるのですが
外ならどこでもつなげられるというわけではありません。

スタバなどのカフェや駅の中、ホテルのロビーなどで使えます。
逆に、無料wifiが設置されていないカフェなどのお店や施設では使えません。
そこら辺の建物に入って使えるかというとそうではないということですね。

じゃあ、カフェに行ってネットすればいいのでは?
ということですが、ちょっと注意が必要です。

それは「セキュリティ」と「速度」です。
無料なので文句は言えないのですが、セキュリティの強度がモバイル回線や
一般の無線方式に比べて弱い場合がほとんどです。

ちょっとした知識がある人にハッキングされて、盗み見されたり、パスワードを
盗まれたりする可能性もゼロではありません。

もうひとつは速度ですが、無料な分、設備にはあまりお金をかけられないので
ちょっとでも多くの人が、そのお店で無料wifiにつなげば、速度は一気に遅くなります・・


2.モバイル回線を契約
→これを検討するメリットは自宅の回線もこのルーター一本で兼用できるところです。
つまり自宅に引いている回線を解約して、モバイル回線だけでネットすれば
通信料金を削減することができます。


モバイル回線の会社はイーモバイルとwimax(ワイマックス)の2つが主な会社です。

イーモバイル wimax(ワイマックス)
費用 3880円 3,801円
速度 数Mbps〜数十Mbps 数Mbps〜数十Mbps
エリア 全国 全国
契約期間 2年契約のみ 1年契約



速度も費用もほとんど同じですが、契約期間が違います。
2年契約だと途中で解約したくても違約金がかかるので、注意が必要です。

2年も使うかわからないので、私は1年契約のwimaxにしました。
ココ↓の会社だと1年契約で、なおかつキャンペーンをやっているので、お得でした。

>>WIMAXのキャンペーンサイト



3.スマホのテザリング機能を使う
→一番の気になる点は、au、ソフトバンク、ドコモ、すべての会社で
月にネットできるデータ容量の上限が決められているところです。

その上限は「7GB」
1ヶ月の利用データ量が7GBを超えた場合、通信速度の制限がある
つまり、速度が遅くなるということです。

いまいちピントこないですが、
テザリングで、PCやタブレットにつなげて、ネットしていれば、普通に越える容量です。

スマホの電池の消費も激しいので、私的にはあまりオススメしないです。



>>即日開通のネット回線はここです。


タグ /

プロバイダ別 ネット開通期間一覧

kaitukikan.jpg



光回線、ADSL、wimaxなど各プロバイダごとの開通期間を調べてみました。
申し込んでから実際にネットが使えるまでの日数と言うことですね。

wimax(ワイマックス) ヤフーBB ADSL フレッツADSL eo光 フレッツ光 コミュファ光
■戸建
【公式開示している日数】申し込みから開通までの最短日数 翌日〜1週間 6営業日 2週間程度 1ヶ月程度 約2週間から1カ月程度 2ヶ月程度
【ネットで調べた実際の日数】申し込みから開通までの最短日数 1週間以内 1ヶ月〜2ヶ月 1ヶ月〜3ヶ月 1ヶ月〜4ヶ月 1ヶ月〜4ヶ月
■マンション
【公式開示している日数】申し込みから開通までの最短日数 翌日〜1週間 6営業日 設備が導入していれば2週間程度 2〜3週間程度 設備が導入していれば1週間〜1ヶ月程度 設備が導入していれば1ヶ月程度
【ネットで調べた実際の日数】申し込みから開通までの最短日数 1週間以内 1ヶ月〜2ヶ月 1ヶ月〜3ヶ月 1ヶ月〜4ヶ月 1ヶ月〜4ヶ月 1ヶ月〜4ヶ月


固定回線だと、ヤフーBBのADSLが一番開通期間が早そうです。
ただ、実際は同なのかと言うと下記のURLでも説明しているように、
1ヶ月以上かかる場合もあるようです・・・
http://allabout.co.jp/gm/gc/48181/2/

それでも安いADSLの方がよいという方は、下記のキャンペーンがお得です。
実質月額1000円台ですからね。。


Yahoo!BB ADSL



モバイル回線はADSLなどの固定回線に比べて、ガゼン早くネットが使えます。
モバイルルーターが届けば、設定して、当日中に使えます。

主だった会社を調べてみました。

BIGLOBE WiMAX Broad WiMAX
初期費用高額のプラン
Broad WiMAX
初期費用安いプラン
nifty WiMAX
ルーター到着最短日数 2日 翌日 翌日 4日
月額料金 3,801円 2999円 3880円 3,853.5円
初期費用 3,150円 19,800円 3,150円 3,150円
キャッシュバック あり 無し 無し あり
1年使った場合の実質総額料金(キャッシュバックされる費用を引いた料金) 38,762円 55,788円 49,710円 37,492円
2年使った場合の実質総額料金(キャッシュバックされる費用を引いた料金) 74,374円 67,776円 96,270円 83,734円
通信速度(上り) 最大15.4Mbps 最大15.4Mbps 最大15.4Mbps 最大15.4Mbps
通信速度(下り) 最大40Mbps 最大40Mbps 最大40Mbps 最大40Mbps
データ端末無料 有り 有り 有り 無し
最低契約期間 1年 2年 2年 1年
1年目の途中解約料 9,975円 9,600円 9,600円 9,975円
2年目の途中解約料 5,250円 9,600円 9,600円 5,250円
申込み >BIGLOBE WIMAX
>Broad wimax >Broad wimax >nifty WIMAX


モバイルルーターが到着する最短日数は各社そんなに変わりません。
Broad WiMAXは月額料金が安いですが、初期費用が19800円!と高いプランと
安いプランがあります。

ポイントは契約年数です。
Broad WiMAXは2年契約のプランしかありませんが、他社は1年契約できます。

まずは1年使ってみたい場合は、nifty wimaxが一番お得です
2年間は使うと言う場合は、Broad WiMAXが一番トクします。
初期費用は高いですが、月額が2999円と安いので長く使えばそれだけお得になるためです。


モバイルルーターが到着する最短日数はそれほど、変わらないので
よほど急ぎでなければ、料金で選んだ方がよいでしょう。


>>即日開通のネット回線はここです。


タグ /
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。